ブログ

ブログ一覧

2018.06.29

昨日は住宅併設型クリニックの地鎮祭

 昨日は住宅併設型歯科クリニックの地鎮祭だった。今回は設計監理のみ担当。一連の宅地開発最後の区画なので、街区完成時に喜ばれるようにしっかりとデザインコントロールしていきたい。幹線道路沿で背面が一級河川に面しており、アクセスと眺望がいいのが最大の売り。お施主様の期待感も半端いようだ。手綱を締めなければ。年明け開業に向け、工事スタートである。

2018.06.27

解体現場にて

 早朝よりの解体現場確認である。高低差のある敷地なので、どこまでコンクリートを残すかの判断が難しい。そのあたりを、解体業者さんと話しを進めていく。

 古屋が建っていたのだが、給水・排水・雨水の経路が魔訶不思議な場所にあったりする。昔はこのあたり一帯同じ所有者だったので、そのあたりの施工状況がきっちりしていなかったのかもしれない。
 先般の大阪北部の震災でのブロック塀倒壊で、女の子が亡くなる痛ましい事故があった。袖壁の無いブロック塀が問題となる中で、そのあたりも解体・改修していかなくてはならない。昔からあるからといって、行政も寛容な態度で認めてくれたりはしないだろう。

2014.10.15

賃貸住宅フェア大阪2014

賃貸住宅フェア大阪2014に出展しました。戸建賃貸住宅をメインに展示してますが、今回は愛犬家向戸建賃貸住宅バウハウスを中心にUNICUBE、狭小地向け都心型戸建賃貸住宅IーDEAを公開しました!総来場者数約16000人とのことでしたが、多数の来場者がありました。誠にありがとうございます。 

2014.04.22

35万6千戸VS26万3千戸

 この数字は平成25年に着工された賃貸住宅と分譲住宅(マンションと建売戸建)の戸数です。毎年、分譲住宅を上回る約30万戸の賃貸住宅がコンスタントに着工されています。また、分譲住宅ではマンションと戸建の比率がほぼ半々なのに対し、賃貸住宅は約97%が集合住宅で、戸建はたったの3%です。需要に対して賃貸マンションやアパートが供給過多のように感じます。 
戸建賃貸は住みたいと思っても、なかなか供給がないのが実態です。弊社が勧める戸建賃貸ユニキューブによる土地活用はここにポイントがあるといえます。賃貸経営はなんといっても入居率が生命線。戸建形式の賃貸住宅の入居率が90%を超えているのも安心・安全な土地活用といえるのでないでしょうか?。

2014.04.18

望ましい住宅形態とは?

望ましい住宅形態とは?

 国土交通省が発表する土地白書の中に「土地問題に関する国民の意識調査」として毎年、「望ましい住宅形態は?」という設問があります。一戸建てかマンションを選択する質問になっていますが、意外なことに大都市圏に居住する人もマンションを選ぶ人は2割程度で、7割程度の人が一戸建てを選択しています。日本人の一戸建志向はまだまだ根強いですね! 

ちなみにユキューブは戸建賃貸住宅です。賃貸住宅の97%がアパート・マンションですので、賃貸市場としては戸建の供給がほとんどありません。さて、皆さん同じ家賃ならどちらを選択されますか!?

土地活用にお困りならお気軽にお電話! フリーダイヤル0120-402-600 営業時間 平日・土曜 9:00~18:00